Site Network: Home | Web | twitter | BBS

砂浜で、静かな波音を聴いていた
輝く桜が海を囲む山を染めて
華やかな春の記憶となる


桜の季節、伊豆半島を南へ
少し肌寒い海は誰もいない
たどり着いた弓ヶ浜で波音を聴いていた
海を囲む山々に桜の花が咲いている
いつもは緑の山々が
輝く桜で華やいでいる
春の旅の記憶には
桜の花がいつもある


静岡県賀茂郡南伊豆町 弓ヶ浜にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : indigo jam unit - Vocalise Op.34 No.14 (Sergei Rachmaninoff)

何も無いところまで旅を続けて
ふと帰ることを考えた時
青空は悲しいと思えるのさ


空が青いから泣きたくなるって言ったのは
ジョン・レノンだったろうか
人っ子一人いないところまで旅してきて
空を仰いだら
そろそろ帰ろうなんて考えが
ふとあたまに浮かんできた

雲ひとつない青空
波の音だけが響いて
この青空は悲しいと思えるのさ


北海道紋別郡湧別町‎コムケ湖にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Espen Eriksen Trio - Passing By

孤独に堪えられなくなるまで
この旅は続くんだ
そして多分いつまでも終わらない


独りで旅することにどんな必然があろうか
理想的な旅から、煩わしさを引き算した結果が
いつもの旅なのさ

ただ走り続けている
夜明けから、日没まで
走り続け何も考えてないから
飽きることはない

移動を続けるだけ
星降る夜や月明かりの道
失うものはもうたいして無いから
孤独すら愉しめる


北海道網走市美岬 能取岬にて
写真をクリックすると拡大します

哺乳類の手というバンド名のMammal HandsはUKのジャズ・トリオ
久しぶりにボクの感情を揺さぶったサウンド
ジャズを聴いているよりオルタナティブを聴いてるような感じがする
UKのジャズはGoGo Penguin含め大注目なのです

BGM : Mammal Hands - Quiet Fire

夜明けの月、波の音
海風に吹かれて空を仰いだ朝


夜明けの空に月が浮かぶ
冷たい海風に吹かれ
波の音を聴きながら走っていた
淡い色彩の空を仰いで
夜明けの月を追いかけていた


石川県羽咋市千里浜町 千里浜なぎさドライブウェイにて
写真をクリックすると拡大します

BGM : indigo jam unit - Silhouette

寂しげな冬の海と太陽
何も無い草原に、プロペラの
風をきる音がいつまでも響いていた


朝、高原に駆け上がって
冬枯れた草原の中にいた
朝陽を風車で遮って、海を見ていた

雲が増えてきた
太陽も薄雲のベールに覆われて
風車のプロペラが風をきる音が
響いていた
いつまでも、終わること無く
響いていた


静岡県賀茂郡東伊豆町白田 東伊豆風力発電所にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Możdżer Danielsson Fresco - Africa

時の流れを、雲の移ろいで感じた秋


ゆうぐれ近く、誰もいない草原
風が吹いていた
すこし冷たい風が

クルマから降りて空を仰いだ
雲が流れていく
ゆっくり流れてく
草原は風の音しか感じない

流れていく雲を
いったいどれくらいの時間
見ていたのだろう
時の流れを、雲の移ろいで感じていた


秋田県男鹿市脇本富永 寒風山にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : サカナクション - さよならはエモーション

夜が明けたら、日常なんて忘れてしまえ
明日の自分は旅人なのだ

夜、北へ向かって走り出す
行き先はまだ決めていない
夜が明けたらどこへ行くのか決めよう

ひと気のないパーキングエリアで目を閉じても
頭の中はまだ日常の喧騒のまま

0時まで休息したら、また走り出そう
夜が明けたら、日常など忘れるだろう
そうさ明日の自分は旅人なのだから


埼玉県和光市大字新倉 東京外環自動車道新倉PAにて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Indigo Jam Unit - Himawari